2017.08.18
美容

原因がわかればすっきり解消!今すぐできる“むくみ”対策

【原因がわかればすっきり解消!今すぐできる“むくみ”対策】①

女性の悩みとして、常に上位にランクインする“むくみ”。夕方になると脚がパンパンになる・フェイスラインがすっきりしない…など女性なら誰しもが経験したことがあるのではないでしょうか?特に、夏場はむくみが出やすい時期。原因と対処法をきちんと知って、むくみからすっきり解放されてくださいね!

“体がむくむ”ってどういうこと?!

【原因がわかればすっきり解消!今すぐできる“むくみ”対策】②

むくみとは体に水分が過剰に溜まっている状態である、ということは漠然と知っている方も多いのではないでしょうか?でも、その水分とは何のことで、どこに溜まるのでしょうか。

まずこの過剰な水分とは“細胞間液”とよばれるもので、体中の細胞と細胞の間に存在しています。細胞に酸素や栄養分を届ける役目を果たした後、血管やリンパ管へ回収され心臓へと戻っていきますが、この回収がうまくいかず溜まってしまうとむくみとなるのです。特に脚は、溜まった細胞間液を重力に逆らって心臓へ戻す力が必要となってくるので、むくみが起こりやすい場所と言われています。

 

むくみやすい時期ってあるの?

むくみが出やすい季節はずばり夏!その原因は“水分の過剰摂取”と“冷え”。(もちろんほかの季節にも起こり、人によっても違いはあります。) 夏はエアコンの影響などで、実は冬以上に体は冷えやすい状況にあります。特に、冷えきった飲み物は血液の循環を滞らせ、水分の排出を阻害します。他にも、夏場は自律神経のバランスが乱れやすいこと、血管が拡張し水分が停滞しやすいことなどもあげられます。

なぜ、男性に比べて女性はむくみやすいの?

【原因がわかればすっきり解消!今すぐできる“むくみ”対策】③

むくみといえば女性に多い悩みという印象がありますが、なぜ女性はむくみやすいのでしょうか。その理由は大きく2つあります。

1つめは、女性は男性に比べて筋肉量が少ないこと。溜まった細胞間液を重力に逆らって心臓へ戻す力が必要と先ほどもご紹介しましたが、そのためにはポンプ作用として働くふくらはぎの筋肉が必要です。また、筋肉が少ないと熱を生み出す力も弱く、冷えやすい体をしていることも影響しています。

2つめは、生理前などに分泌されるホルモンの影響です。生理前は、黄体ホルモンが増える時期。このホルモンは、妊娠を継続する働きをし水分の排出を抑制する作用があります。その結果、生理前は普段よりむくみやすくなるのです。

今すぐできる解消法

では、ここから具体的な解消法です。

1.座りっぱなしはNG!

まず、1日中座ったままのデスクワークの人は要注意!長時間同じ体勢を続けていると、むくみだけではなくエコノミークラス症候群とよばれる静脈の中に血栓ができてしまう原因にもなります。

座ったままの状態が続く人は、定期的に立ち上がって体を動かす習慣を。少し歩いて書類を取りに行く、お手洗いに行くなどして足に溜まった血流の流れを良くよくする工夫をしてくださいね。また、座ったままでもできることもあります。

  • 足首をくるくる回す
  • ふくらはぎを下から上へマッサージ
  • 足を少し高くしておく
  • 着圧ソックスを履く

など

2.お風呂上がりのマッサージ

【原因がわかればすっきり解消!今すぐできる“むくみ”対策】④

むくみが気になる時にぜひ取り入れたいのがマッサージ。体が温まった状態で行うと、より血行促進効果が期待できますのでお風呂上がりがおすすめです。

【方法】
太ももの付け根と膝の裏には主要なリンパ節があります。むくみが気になる人はここを押すと痛みを感じるのではないでしょうか。気持ちいいと感じる程度の強さでしっかりと揉みほぐしてください。その後、ふくらはぎを足首から膝裏の方へ向かってぎゅっと握るように、上へ上へとマッサージします。

もう一つ気になるのが顔のむくみ。朝起きたらフェイスラインがぼやっとしていてなんだか目も小さい…。そんな時にも、マッサージが効果的です。

【方法】
1.まずは、首のストレッチ。頭に手を添えて左右交互に首を倒す、ぐるっと回すなどゆっくりと首の緊張を解きほぐす。
2.両手の指の腹を使って、頭全体を包み込むように頭皮をマッサージ。
3.ここから、溜まった水分の排出へ。耳の下から首筋を通り、鎖骨のくぼみへと手でさするようにしてリンパを流す。くぼみ部分にはリンパ節があるので気持ちいいと感じる程度に数回押す。

3.体の中からできるむくみ対策

【原因がわかればすっきり解消!今すぐできる“むくみ”対策】⑤

最後に体の中からできる対策です。まず塩分やアルコールは、むくみの原因になりますので摂りすぎには注意が必要です。さらに、この体に溜まった塩分を排出するのに役立つのが“カリウム”です。カリウムは、パセリ・ほうれん草などの野菜、アボガド・バナナなどの果物、豆類、ナッツ、海藻、キノコ類など、様々な食材に含まれています。食生活が乱れていると不足しやすいため、意識的に摂り入れてみてくださいね。(ただし夏場は脱水症状を引き起こす場合もありますので、汗をかく場所などにいる際の塩分補給は必須です。)

Share―SNSでシェア―

KEYWORD―関連キーワード―