2017.10.31
美容

女子力を高めるお風呂美容のススメ

【女子力を高めるお風呂美容のススメ】①

お風呂は、一日の汚れを落とすだけでなく、体を芯から温め血流が良くしたり、リラックスできたりと、女性にとって嬉しいメリットがたくさんありますよね。そんなお風呂タイムもせっかくなら美容にも最大限に生かしたいところ。でも、間違った入浴法をしているとキレイになるどころか美容や健康にとってマイナスになってしまうこともあります。今回は、そんなお風呂タイムの過ごし方についてご紹介します。

【湯船に浸かるメリットとは?】

【女子力を高めるお風呂美容のススメ】②

夜は忙しくて時間がないし、面倒だから…とついついシャワーだけで済ませてしまうという人もいるのではないでしょうか。でも、美容や健康のことを考えると、毎日ゆっくりと湯船に浸かることが絶対におすすめです。

湯船に浸かると、体が温まるのはもちろんですが、お湯の中では浮力が働くため、体にかかる負荷が軽くなります。筋肉が緊張から解放され、体の疲れを癒したりリラックス効果もあるのです。

また、全身の血液の巡りが良くなり新陳代謝もUP!血流が良くなると、お肌にもしっかりと栄養が届くようになるので、美肌にも繋がります。

【美容には半身浴がいいって本当?!】

【女子力を高めるお風呂美容のススメ】③

女優さんやモデルさんなどが美容のために半身浴をしている、という話を聞いたことがある人も多いのではないですか?でも、この半身浴は体にとって本当にメリットが多いのでしょうか。

そもそも半身浴とは、心臓への負担が少なく、心臓病や高血圧の人のために考えられた入浴法です。長時間の入浴をしたいという人には、とても適した方法です。

でも、体を温め全身の血の巡りをよくしたいのであれば、実は全身浴の方がおすすめ!肩までしっかりと浸かることで、短時間で体を芯まで温めることができ、全身の筋肉がしっかりほぐれ、肩こりなどにも効果的です。また、全身に水圧がかかることで、心肺機能が高まり血流改善・ダイエット効果等も期待できます。

心臓が弱いなどの持病がないのであれば、全身浴がおすすめです。

【お湯の温度には要注意!】

【女子力を高めるお風呂美容のススメ】④

普段、お風呂の温度は何度に設定されていますか?この温度、美容にとって注意が必要なポイントです。その理由を2つご紹介しますね。

①お肌の乾燥に繋がる

お肌の表面にある角質層には、潤いを保ち保湿の役割をする、天然保湿因子(NMF)や細胞間脂質とよばれる成分が存在します。しかし、これらは熱いお湯を使うとお肌の外へと流れ出てしまい、いくらスキンケアを頑張っても乾燥肌が治らないという状態になってしまいます。38~40度くらいのぬるめのお湯にゆっくりと浸かり、お肌を乾燥から守ってくださいね。

②自律神経に影響する

体には、血圧を上げシャキッとさせる交感神経と、血管を広げリラックスさせる副交感神経という2つの自律神経があります。

38~40度くらいのぬるめのお湯に15分から20分ほどゆっくりと浸かると、副交感神経が優位になり、のんびりとリラックスすることができます。その結果、質のいい睡眠にも導かれ、お肌の生まれ変わりもスムーズに。一方、42度以上の熱いお湯に入ると、交感神経が刺激されてしまうため、夜のお風呂タイムには注意が必要です。

【ナイロンタオルでゴシゴシ洗いはNG

【女子力を高めるお風呂美容のススメ】⑤

次に、体の洗い方についてです。お肌の汚れを落とすためには、しっかりと擦って洗いたいと思いがちですが、ゴシゴシ洗いは厳禁です!特に注意したいのが、ナイロン製のボディタオル。泡立ちがよく、価格もお手頃なため人気ですが、このようなボディタオルはお肌に強い摩擦を与え、傷つけてしまうことがあります。また、お肌は繰り返し摩擦を受けると、自らを守るためにメラニンが生成されます。その結果、摩擦を受けた部分は、黒く色素沈着になってしまいます。

一生懸命、ボディケアをしているのに色素沈着を起こしているという人は、ボディタオルを見直してみる必要があるかもしれません。

【お風呂上がりはなるべく早く保湿を】

【女子力を高めるお風呂美容のススメ】⑥

最後にお風呂上がりのケア。ここでも注意したいのが、お肌の乾燥です。お風呂に入った直後は、お肌がしっとりと潤っているように感じますが、入浴後から20分程経つと、実は入浴前よりもお肌は乾燥してしまうのです。

お風呂から上がったらなるべく早く、できれば10分以内に保湿をしましょう。特に、お顔はすぐにでも保湿したいところ。浴室のそばにミスト化粧水を置いておき、タオルでそっと水分を拭き取ったらすぐにシュッとひと吹きするのがおすすめです!

【いかがでしたか?】

毎日、何気なく過ごしているお風呂タイム。少しの心がけで、美容にとっても有意義な時間になります。ぜひ、意識してみてくださいね。

Share―SNSでシェア―

KEYWORD―関連キーワード―