2017.06.26
健康

老けない女性はみんな取り入れている?!エイジングケアに効果的な食事法

【老けない女性はみんな取り入れている?!エイジングケアに効果的な食事法】①

年齢を重ねるとともに、絶対に避けらないのが見た目や体内の“老化=エイジング”。老化が進むと、肌のハリが低下しシワやたるみが目立ってきたり、髪のツヤがなくなったり…とできれば少しでも遅らせたいことばかりですよね。今回は、この老化のスピードを遅らせるためにも、今すぐ取り入れたいインナーケアをご紹介します。

そもそも体が老化するとはどういうこと?!

【老けない女性はみんな取り入れている?!エイジングケアに効果的な食事法】②

“体が老化する”という表現がありますが、この老化とは一体何が原因なのでしょうか?現在、医学的に考えられている老化とは、ずばり体の“酸化”と“糖化”であるとされています。この酸化と糖化は、主に摂取する食事によって引き起こされます。具体的には下記のような現象です。

【酸化】

【老けない女性はみんな取り入れている?!エイジングケアに効果的な食事法】③

酸化とは、物質が酸素に触れることによって起こる現象です。身近なものでは、切ったリンゴをしばらく空気に触れる場所に置いておくと茶色く変色したり、鉄が赤褐色になるといったもの。つまり、酸化=体のサビ。身体もサビるのです!酸素は、人間が生きていくにおいてなくてはならないものですが、その一部は“活性酸素”と呼ばれる有害な物質に変化します。この活性酸素こそが体をサビさせる原因。活性酸素は、呼吸によって取り入れられる酸素以外にも、紫外線・ストレス・喫煙などによっても発生するとされています。

【糖化】

もう一つの老化の原因とされているものが糖化。酸化=サビと表現されるのであれば、“糖化=体のコゲ”。過剰に摂取した糖質(砂糖だけでなく、炭水化物や果物に含まれる果糖なども含む)がたんぱく質や脂質と結びつき変性すると、老化促進物質であるAGE(終末糖化産物)となります。このAGEが、体の老化に繋がるとされています。

【酸化を防止する方法】

【老けない女性はみんな取り入れている?!エイジングケアに効果的な食事法】④

では、ここから具体的に酸化を抑える方法です!酸化防止のためには、やはり体の中からのケアが重要。先ほどご紹介した活性酸素を減らす働き=抗酸化作用のある食材を積極的に取り入れることで、酸化を遅らせることができます。

具体的には…
まずわかりやすい特徴は、赤・緑・黄など鮮やかで色の濃い食材です。トマト・人参・かぼちゃ・ピーマン・ブロッコリー・ほうれん草・ブルーベリー・いちご・バナナ・みかんなど…

他にも抗酸化作用の高い食材として、にんにく・ショウガ・大豆・蕎麦・ナッツ・緑茶などがあります。

【糖化を防止する方法】

【老けない女性はみんな取り入れている?!エイジングケアに効果的な食事法】⑤

糖化を遅らせるために必要なのは、血糖値を急激に上げないこと。血糖値の上昇を緩やかにするという食事法は、ダイエットの常識にもなりつつありますよね!血糖値の上がりにくい(GI値の低い)食材から先に取り入れ、糖質の多い食材はできるだけ最後に…。

  • GI値の低い食材…おかゆ・トマト、キャベツ、大根などの野菜・魚・肉・きのこ類など
  • GI値の高い食材…白米・食パン・うどん・ジャガイモ・ニンジン・チョコレートなど

また、シナモン・黒胡椒などのスパイス、クエン酸を含むレモン、お茶に含まれるカテキンなども糖化を防ぐ作用があるとされています。

酸化・糖化防止以外にエイジングケアできるものは?

【良質なオイル】

上記以外にもぜひ取り入れたいエイジングケア成分といえば、良質なオイル!オメガ3を含むアマニ油・えごま油やココナッツオイルなどには、細胞の代謝を促進したりシワやたるみを予防するなどのエイジングケア効果が期待できます。

【大豆イソフラボン】

【老けない女性はみんな取り入れている?!エイジングケアに効果的な食事法】⑥

イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをするとされています。生理周期を正常にし、女性らしい体を作ったり、肌のハリや潤いを保つ働きがあります。しかし、エストロゲンは加齢とともに徐々に減少してしまいます。そこで取り入れたいのが大豆イソフラボン!先ほどご紹介した抗酸化作用に加えて、コラーゲンの吸収を助け肌のハリや弾力UPさせたり、血流改善効果なども期待できますよ!

【細胞レベルから老化を防ぐ核酸】

最後にもう一つ。最近、エイジングケア成分として注目されているのが“核酸”。核酸とは、人の遺伝情報などを司るDNA・RNAの主成分ですが、細胞が生まれ変わる新陳代謝をサポートする働きがあるとされています。さらに、老化によってダメージを受けた細胞を修復する作用もあります。そのため、核酸にはエイジングケア効果が期待できると注目されているのです!しかし、この核酸も年齢とともに体内で作られる量は減少していきます。そうなるとやはり食事から積極的に摂取したいところ!核酸は、ほとんどの食材に含まれていますが、より効率よく取り入れるのであれば含有量の多い下記のような食材がおすすめです!

鮭やフグの白子・イワシ・ちりめんじゃこ・ハマグリ・牡蠣・牛や鶏のレバー・きなこ など

いかがでしたか?
女性なら誰しもが、少しでもゆっくり進んで欲しいと願う老化。体内から積極的にエイジングケア食品を取り入れて、年齢に負けない体を手に入れてくださいね!

Share―SNSでシェア―

KEYWORD―関連キーワード―