2017.07.07
健康

“お肌のゴールデンタイムは22時から2時”はもう古い!?美肌になるための睡眠術

【“お肌のゴールデンタイムは22時から2時”はもう古い?!美肌になるための睡眠術】①

睡眠不足の日が続くと、肌荒れを起こしたり、翌朝の化粧ノリが悪くて憂鬱に…。誰もが1度は経験したことがあるのではないでしょうか?美肌を育てるためには、やはり睡眠が重要!その中でも、お肌のゴールデンタイム“22時から2時”の間に熟睡するのがいい!という噂(!?)は、もはや美容における常識にもなっていますよね。しかし仕事や家事・育児に追われ、22時に就寝なんてできない…!という声が聞こえてきそうですね。

そんな女性も大丈夫!!実はこの“ゴールデンタイム”、最近の研究では、必ずしもこの22時から2時の時間に寝ていなければいけないという訳ではないという見解になっているそうなのです!

なぜお肌のゴールデンタイムがあるの?

【“お肌のゴールデンタイムは22時から2時”はもう古い?!美肌になるための睡眠術】②

睡眠が美肌を育てる理由として、まず注目すべきキーワードが“成長ホルモン”です。紫外線や乾燥など、日中にお肌が受けたダメージは、睡眠中に分泌される成長ホルモンが修復してくれるとされています。また、人の肌は常に新しい細胞に生まれ変わるためにターンオーバーを繰り返していますが、このターンオーバーを正常に整えてくれるのも成長ホルモンなのです!睡眠不足によってこのサイクルが乱れると、肌に受けたダメージやシミの元となるメラニンが肌に蓄積されたままになってしまいます。また肌にツヤがなくなったり、炎症やニキビ・乾燥などの肌トラブルにも繋がります。

ということは、この成長ホルモンをたっぷり出してあげることこそが美肌には必須ですね!
以前はこの成長ホルモンの分泌が最も活発な時間帯が、22時から2時頃であるとされていたのです。

最近は新しい見解に!

最近の研究では、この“22時から2時”という時間帯が重要なのではなく、夜眠り始めて“最初の3時間”に最も多くの成長ホルモンが分泌されるということがわかってきたそうです!つまり、いかにこの最初の3時間に質のいい深い睡眠を取れるかがポイントになってくるのです!

昔の日本人は22時・23時頃に寝る生活スタイルの人が多かったため、この時間にしっかり寝ると美肌に繋がるという説が定着したそうです。

睡眠時間の長さは関係あるの?

【“お肌のゴールデンタイムは22時から2時”はもう古い?!美肌になるための睡眠術】③

睡眠時間をたっぷり取った方が美容に良さそうですが、先ほどご紹介したように美肌に重要な成長ホルモンの分泌が活発なのは、入眠後の3時間程度。たくさん寝ればたくさん分泌されるという訳ではありません!そのため、一日8時間は寝なければ!などと意識しすぎる必要はありません。体の疲れがきちんと取れたり、目覚めがスッキリする睡眠時間は人によって違います。

かといって夜遅くまで起きていたり、就寝時間がバラバラになってしまうと体内時計は乱れ、睡眠の質の低下にも繋がってしまいます。早寝早起きのリズムをきちんと整えることは言うまでもありません!また美容に対する意識が高い女性ほど、仕事などで帰宅が遅くなってもスキンケアは絶対に手を抜かない!と頑張る人もいるのでは?!それならば、きちんと睡眠を確保することの方がよっぽど美肌を育てることに繋がりますよ!

 

入眠後3時間に質のいい睡眠を得るためには…?

【“お肌のゴールデンタイムは22時から2時”はもう古い?!美肌になるための睡眠術】④

覚醒と睡眠の切り替えをスムーズにするためには、朝起きたらまず太陽の光を浴びること。体内時計がリセットされ眠気を誘う“メラトニン”というホルモンの分泌がストップします。その後、メラトニンは14~16時間くらい経過すると再び分泌が始まります。つまり、朝起きて光を浴び始めた時間が7時であれば、21時~23時頃からメラトニンの分泌が増え始め、さらにその2~4時間後にピークを迎えます。ちょうどその頃にベッドに入っていればすんなりと質のいい睡眠に導くことができるのです。また、メラトニンは光によって分泌が調節されますので、夜に強い照明のある場所で過ごしていると体内時計が乱れる原因にもなります。

睡眠の質を上げるためにできること

朝起きて光を浴びること以外にもぜひ取り入れたいこと、逆にやめたいことはこちら!

  • 夕食は寝る3時間前までには終わらせる
  • 寝る1~2時間くらい前からは、部屋の照明は暗めに
  • 心配事があるときは、全て紙に書き出す
  • 枕や寝具などは自分にきちんと合ったものを選ぶ
  • 寝る前のPCやスマホの操作はNG!ブルーライトは睡眠の質を低下させます。
  • 寝酒もNG!入眠しやすくなるという人もいるかもしれませんが、その後(特に重要な入眠後2~3時間)の睡眠の質が低下してしまいます。

睡眠の質をあげる方法をいくつかをご紹介させていただきましたが、あまりこだわりすぎるのも逆効果!夜はゆったりと自分に合ったリラックスタイムを過ごしてくださいね!

いかがでしたか?
今まで、美容のためにはゴールデンタイムに寝なくては!と思っていた方も多いのではないでしょうか。ぜひこれからは、質のいい睡眠を確保して美肌を育ててくださいね!

Share―SNSでシェア―