2016.03.18
お知らせ

☆肌のダメージは紫外線だけではなかった!

美的4月号に気になる記事がありましたのでご紹介します(^^)/

 

肌の2大ダメージ要因 光刺激大気の汚れ

光刺激とは、、、紫外線はもちろん、ブルーライトや赤外線です。数年前までは肌の光老化は紫外線のみが原因でブルーライトを含む可視光線や赤外線によるダメージは少ないとされていました。

ところが最近の研究結果から、比志が参加して出来るカルボニルタンパクに、紫外線より波長の長いブルーライトが当たると、角層に活性酸素が発生する事が分かったそうです。

紫外線対策はもちろん、長時間のパソコン作業やスマートフォンを使用する際は注意してくださいね( ;∀;)

 

大気の汚れとは、、、汚れた空気は肌を酸化させてバリア機能がダウンしてしまうそうです。もともと皮膚には異物の侵入を防ぐバリア機能が備わっていて、それが健全に働いていれば通常、肌トラブルは防げるそうですが、バリア機能が弱った肌は有害物質が侵入し放題!

都会暮らしの人は郊外暮らしの人より20%シミが多いという調査結果も出ているそうです!

室内では、外から舞い込んだ汚染物質とハウスダストが入り混じって外より危険な場合もあるので、しっかりと換気をし綺麗な空気を保っていたいですね(^^)/

20160318

Share―SNSでシェア―

KEYWORD―関連キーワード―

WRITER―この記事のライター―