2017.03.09
仕事

朝活が成功の秘訣!成功者に共通する10の習慣

朝活が成功の秘訣!成功者に共通する朝の習慣10選_1

昔から「早起きは三文の得」という言葉がありますが、成功者に朝型が多いのは良く知られていますよね。特にアメリカではディズニーのCEO、ナイキのCEO、アップルのCEO、スターバックスのCEO、オバマ元大統領夫妻などを始め、世界を舞台に活躍している成功者は朝型と言っても過言ではありません。成功者に共通する朝の習慣を取り入れて、朝活を始めてみませんか?

早起きをする

早起きの習慣がない人にとってはハードルが高いかもしれませんが、早起きは成功者に最も共通する朝の習慣です。出勤時間により異なりますが、午前5時~5時半頃までに起きるように心がけると、出勤前の時間を有効活用し多くのタスクをこなす事が出来るでしょう。

運動をする

朝活が成功の秘訣!成功者に共通する朝の習慣10選_2

アメリカの成功者の多くが、出勤前の早朝に軽い運動をして1日をスタートしています。朝に運動する事は健康面だけでなく、精神面でも利点が多いとされています。出勤前に自分の時間を持ち体を動かす事で、精神力と集中力を高める効果があります。最初は近所を30分ほど歩き10分程度のストレッチやヨガなどから始め、慣れてきたら徐々に時間を延ばして45分~1時間程度運動すると良いでしょう。運動の習慣がない人は、新鮮な朝の空気を吸いながら、まだ人通りの少ない静かな道を散歩するだけでも違います。

朝食を食べる

健康的な朝食が1日の中で最も重要な食事だと言われていますが、成功者ほど朝食を大事にしています。彼らは、やる気や集中力を保つ神経伝達物質がアイデアを生み、仕事を効率的にこなし、モチベーションを向上させる事を知っているのです。脳内の神経伝達物質を高めるタンパク質が豊富な朝食がオススメです。朝起きたばかりで食欲がない場合は、軽い運動後でも良いでしょう。

1人で静かな時間を過ごす

早起きの特権の1つは1人で静かな時間を過ごせる事です。大家族や特に子供がいる家庭では早起きでもしない限り、不可能に近いですよね。静かな1人の時間を過ごす事で、「自分」にフォーカスがいき、その日にやりたい事、済ませたい事などが明確になります。毎朝、自分の内面を見つめ5~10分程度、日記を書くのもオススメです。

オーガナイズする

朝活が成功の秘訣!成功者に共通する朝の習慣10選_3

前日に仕事に着ていく洋服やバッグを用意する、ランチの準備する、部屋を整理整頓するなどオーガナイズする事が重要です。ベッドを起きたままにしておいたり、着ていた服を脱ぎっぱなしにしておいたりでは、気持ちの整理もつきません。

過ぎた事にとらわれない

目覚めた時に重要な事は、前日の選択や失敗を後悔しながら起きない事です。もちろん自分が間違っていたのなら誤る必要はありますが、そうでない限り過ぎた事をあれこれ考えて後悔しない事です。成功者は「昨日は昨日、今日は今日」という様にポジティブに捉え、新しい1日をスタートしています。過去は変えることは出来ませんが、今日という日はこれから作られるのですから、「これから」に力を注ぎましょう。

自信を持つ

毎朝、どんな状況でも自分に自信を持って対応出来る様に心の準備をします。例えば、自分自身に「自分には出来る!」と言い聞かせたり、ポジティブな名言やメッセージを読んだり、気分が上がるメイクや洋服でコーディネートするだけでも効果があります。

1日の計画を立てる

朝活が成功の秘訣!成功者に共通する朝の習慣10選_4

一番頭が冴えた状態の朝に、その日の予定や目標など計画を立てましょう。タスクを効率よくこなす為に必ず優先順位をつけましょう。又、1日の計画を立てる時には、時間配分も十分に考慮して下さい。リラックスしたり、ゆっくり食事をしたりするストレス解消の時間も忘れないようにしましょう。

読む

朝刊に目を通したり、メールのチェックをしたり、好きな本を読んだりする事は、脳を活発化させるのに役立ち、頭の体操になります。

考える

もし朝が唯一、1人で過ごせる静かな時間なら、考える時間を持つようにしましょう。忙しい日々の中では精神面の健康を見落としがちです。朝のルーチンにポジティブシンキングや瞑想の時間を取るのも良いでしょう。どちらも精神安定を促し、本当に大事な事にフォーカスし、取るに足らないような些細な事にストレスを溜めない心を育みます。

 

長年続いている習慣を変えるのは簡単ではないかもしれませんが、15分だけ早く起きしてみたり、プチ朝活でも今までと違う自分に出会えるのではないでしょうか。

 

参考元:Allwomanstalk

Share―SNSでシェア―

KEYWORD―関連キーワード―