2017.02.21
メイク

【もう失敗しない!本当に自分に似合うメイクに必要な○○の選び方】

【もう失敗しない!本当に自分に似合うメイクに必要な○○の選び方】1

デパートのコスメカウンターはもちろん、ドラッグストアやコンビニにまでメイクコスメはたくさん並んでいますね。雑誌やテレビでも目新しいアイテムが続々と紹介され、一体何を基準に選べばいいのかわからない…なんていう状態に陥っていませんか?今回はそんな方に役立つ、自分にぴったり合う“カラー”というから点から、失敗しないコスメ選びのコツをご紹介します。

【自分のパーソナルカラーを知る】

【もう失敗しない!本当に自分に似合うメイクに必要な○○の選び方】2まず最初に、ご自身の”パーソナルカラー”ってご存知ですか?パーソナルカラーとは、その人の生まれ持った肌や瞳、唇、髪などの色や雰囲気と調和する色のことです。色といっても具体的な色の種類ではありません。例えば、ピンクと一言にいっても、コーラルピンク、ショッキングピンク、ローズピンクなど様々な色味がありますよね。その中で、自分に最も調和するピンクはどれなのかといったことがわかるのがパーソナルカラーです。似合うカラーを身に纏うと、肌がキレイに見えたり、明るい印象へと導くことができ、あなたの魅力をより引き出してくれます。そのカラーをベースに、メイクアイテムを選択してみてください。自然と似合うメイクに近づくことができますよ!

【もう失敗しない!本当に自分に似合うメイクに必要な○○の選び方】3またこれは、メイクだけではなくファッションアイテムやヘアカラーなどの選ぶ際にも役立ちます。気に入って購入したはずなのになんとなく似合わなくて…という失敗を減らすことにも繋がります。今はインターネットでも”パーソナルカラー診断”と検索するといくつかの質問に答えていくだけで自分のパーソナルカラーが簡単にわかります。もちろん、よりきちんと知りたいという方はぜひ一度プロの方に見てもらってくださいね。

ではここから、パーツ別の上手なカラー選びのコツをご紹介します。

【ベースメイク選びのポイント】

【もう失敗しない!本当に自分に似合うメイクに必要な○○の選び方】4イエローベース?ピンクベース?
まずはお顔全体の印象を大きく左右する、ベースメイクの色選びです。ファンデーションには、色白肌、標準色のナチュラル、少し日焼けした肌にも似合うオークルなど基本の色味があります。ご自身がどのタイプかチェックしましょう。さらに、ファンデーションの色味にはイエローをベースとしたタイプとピンクをベースとした赤みのあるタイプがあります。先ほどのパーソナルカラーから、イエローベースもしくはピンクベースどちらが似合うかを知ることもできますので参考にすると自分の肌や雰囲気にぴったり合うファンデーションが見つかります。

迷ったら少し暗めが正解!

【もう失敗しない!本当に自分に似合うメイクに必要な○○の選び方】5ある程度色味が決まった後、少し明るめか暗めか悩んだ際には”少し暗め”を選ぶのが正解です!大抵、首は顔よりも少し日焼けしているので、暗めを選ぶことで顔だけが白浮きするということにならず自然に仕上がります。また白いファンデーションは顔を大きく見せてしまうことにも。ただ、どうしても顔色が暗くなることが気になるという方は、次にご紹介するコントロールカラーを使うことで調節もできますので、思い切って一段階暗い色を選ぶのがポイントです。

コントロールカラーを使いこなせば思い通りの肌に!
ファンデーションの前に少し仕込むだけで顔色をパッと華やかにしたり、肌悩みをカバーしてくれるのが、コントロールカラーです。代表的なカラーには下記のような効果がありますので、ここでもぜひカラーを上手に味方につけてくださいね!

ピンク…肌のくすみをカバーして、顔色を華やかにする
グリーン…頬の赤みやニキビ跡などをカバーする
パープル…肌に透明感を与える
オレンジ…くすみ、目の下のクマを隠す

【アイメイク&眉のポイント】

アイシャドウはブラウン系のみでOK!

【もう失敗しない!本当に自分に似合うメイクに必要な○○の選び方】6メイクのポイントとなるアイメイク。アイシャドウ一つをとっても様々なカラーが発売されているので、色選びには迷いますよね。でも、アイシャドウは“目元に彫りの深さを出すこと”が目的なので基本的に持っておくべきアイシャドウはブラウン系さえあれば大丈夫。ピンクやブルーなど華やかなアイシャドウも素敵ですが、テクニックがないと失敗しやすいカラーです。迷ったらアイシャドウの役割をしっかりと担ってくれる“ブラウン”と覚えておけば安心です!

眉は髪よりワントーン明るい色に!

【もう失敗しない!本当に自分に似合うメイクに必要な○○の選び方】7次に眉メイクです。美容院でヘアカラーを変えたらなんだかメイクとちぐはぐ…という経験はありませんか?その理由は眉とのアンバランスです。よく眉はヘアカラー同じ色にと揃えましょうと言われていますが、実はそれでは顔の印象が重くやぼったくなりがちです。ヘアカラーよりもワントーン明るめにすると一気に垢抜けた印象になりますよ。

【チーク&リップのポイント】

この2つは必ず同系色に!

【もう失敗しない!本当に自分に似合うメイクに必要な○○の選び方】8最後にチークとリップ。この2つは同系色に揃えるのがポイントです。チークはオレンジ系、リップはピンク系というような組み合わせにするとどこか落ち着かないようなメイクになってしまいます。また、リップを濃いめにしたらチークは薄めなど、強弱をつけるとバランスがとれて綺麗に仕上がります。
パーソナルカラーをベースにした上で、女性らしさをアピールできるピンク、元気な印象のオレンジ、知的な大人らしさを感じさせるベージュなど、自分のなりたいイメージで選んでみてください。肌に自然に馴染むメイクに仕上がりますよ!

【いかがでしたか?】

①自分のパーソナルカラーを知る
②ベースメイクはイエローベースかピンクベースかを選択し、色選びに迷ったら一段階暗い方を選ぶ
③アイシャドウはブラウン系を
④眉は髪色よりもワントーン明るめに
⑤チークとリップの色味は揃える
ぜひコスメを選ぶ際の参考にして、ご自身にあったメイクを見つけてくださいね!

Share―SNSでシェア―