2018.02.14
メイク

メイクの上達にはメイクブラシが必須!まず持っておきたい厳選3本

【メイクの上達にはメイクブラシが必須!まず持っておきたい厳選3本】①

メイクが上手になりたいと思ったら、まず持っておきたいのがメイクブラシです。
なんとなく、プロのメイクさんが使用するようなイメージがあるかもしれませんが、最近は手頃な価格で買えるアイテムもたくさん揃っています。まだ使ったことがないという人はぜひこの機会に揃えてみてくださいね。

【メイクブラシが必要な理由】

【メイクの上達にはメイクブラシが必須!まず持っておきたい厳選3本】②

アイシャドウやチークなどを購入すると、ケースに付属で小さなブラシやチップが付いていることが多いですよね。それを使うのも、もちろん便利でいいのですが、
使いやすいブラシを用意するとメイクの仕上がりは格段にUPします。高価なコスメを買い揃えなくても、難しいテクニックを駆使しなくても…簡単にいつものメイクが、あか抜ける。そんなメイクブラシは持っておく価値ありです!

【選ぶ際の3つのポイント】

【メイクの上達にはメイクブラシが必須!まず持っておきたい厳選3本】③

では、そこで何を基準に選べばいいのでしょうか…。
まずは以下の3点を基本に探してみてください。

  • ①柄が長くて持ちやすいもの
  • ②毛先の大きさが、色をのせたい部分にぴったりもの
  • ③肌触りのいいもの

高価なブラシはもちろん良質なものが多いですが、ドラッグストアで買える1,000円~2,000円程度のブラシでも充分、使いやすくて優秀なものが揃っています。
ぜひご自身で1度、実際に手に取って選んでみてくださいね。

【まず持っておきたい厳選3本!】

【メイクの上達にはメイクブラシが必須!まず持っておきたい厳選3本】④

実際に揃えるとなると、ベースメイクにアイメイクにリップ…とたくさんのブラシが必要になってきますよね。一度に全てを購入するのは大変なので、まずは必須で持っておきたい3本をご紹介します。

①毛先が短く硬めのアイブロウブラシ(写真:右)

【メイクの上達にはメイクブラシが必須!まず持っておきたい厳選3本】⑤
1つ目は、アイブロウパウダー用のブラシです。
ペンシルで眉を描いたあとは、パウダーをのせることでふんわりと柔らかい印象に仕上がります。

眉は特に力を抜いて優しく色をのせたい部分なので、柄の長いブラシを使用すると余計な力が入らずにふわっと描くことができます。また、眉自体が自分の手で隠れることもなくなるので、全体のバランスも取りやすくなります。
毛先が“短く少し硬めのもの”を選ぶと使いやすいですよ!

②目のキワ用のアイシャドウブラシ(写真:中央)

【メイクの上達にはメイクブラシが必須!まず持っておきたい厳選3本】⑥
2つ目は、目のキワに使用する毛先の小さなアイシャドウ用のブラシです。
アイホールのアイシャドウは指で塗ったり、付属のチップなどを使っても塗りやすいですが、目のキワは細く繊細なラインを引くように仕上げたり、色の濃淡をつけたりしたい部分なので、使いやすいブラシがあると便利です。

【写真:中央】のような毛先が5mm四方程度の小さめのものがおすすめです。目尻まで狙った部分にしっかりと色をのせることができ、アイラインをぼかす際や、下まぶたにも使いやすいですよ。

③ふわふわで毛先の大きなフェイスパウダーブラシ(写真:左)

【メイクの上達にはメイクブラシが必須!まず持っておきたい厳選3本】⑦
最後に、フェイスパウダー用のブラシです。
こちらは主にリキッドファンデーションの後に使用しますが、パフではなくブラシを使うのがおすすめです。リキッドのツヤっぽさを残しながら、お粉のヴェールをかけることができますよ。

ここでの選び方は、まずは手触り!お肌に広く触れるアイテムなので肌ストレスのないふわふわのものがベストです。そして次に、均一にパウダーを含むことのできる大きめの毛先のもの。粉っぽいお肌にならないためにもこの条件は必須です。フェイスパウダー用のブラシは必ず、実際に触って確かめてから購入してくださいね。

【お手入れのポイント】

【メイクの上達にはメイクブラシが必須!まず持っておきたい厳選3本】⑧
最後にメイクブラシのお手入れについてです。
毎日、使用するブラシには、ファンデーションなどのメイク汚れはもちろん、汗や皮脂などが付着しています。いくら日々のスキンケアやメイクを頑張っていても、汚れたメイク道具を使用していては肌荒れの原因になったり、メイクのりが悪くなったりしてしまいます。

ブラシを使用したあとに、軽くティッシュなどでふき取る習慣をつけておけば、ひどい汚れが溜まることはありませんが、それでも汚れが目立ってきた際には、水洗いが必要です。専用のクリーナーやお湯に溶かした中性洗剤・石けんなどをつけて洗います。
ブラシの水洗いは毛の傷みにも繋がりますので、アイテムにもよりますが、
2週間~1か月に一度くらいが目安です。きちんとお手入れすることで、長く使えることにも繋がりますよ。

【いかがでしたか】

普段は、コスメに付属の小さなブラシやチップでメイクしているという人も多いかと思います。でも、使いやすいブラシを用意すると、難しいテクニックを駆使しなくてもメイクの仕上がりがワンランクUPすること間違いなしです!ぜひ、試してみてくださいね。

Share―SNSでシェア―

KEYWORD―関連キーワード―